メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

毎日文化センター マンガで描く自分史エッセイ 人に読んでもらう組み立て学ぶ 名駅 /愛知

 普段の暮らしの中であった出来事や、昔の思い出を、文章ではなく漫画にして残します。「マンガで描く自分史エッセイ」を、10月から毎月第2・4木曜日の午前10時半~正午に開きます。受講料は3カ月1万1990円です。

     ネタを考える。話を構成する。人物を設定する。それらを絵にして生き生きと動かす。漫画を描くためにはさまざまな作業が必要です。絵心だけではなくストーリー力が試されます。講座では、イラストの描き方はもちろん、他人に読んでもらっても楽しい、自分史やエッセーの組み立て方が学べます。

     講師の加藤のりこさんは名古屋市在住。2016年まで、タブロイド紙「中日ショッパー」(中日ブレーン発行)で「となりのポチたま」「となりの天然ちゃま」を連載するなど、漫画家、イラストレーターとして活躍しています=絵、加藤さん作。

     「昔の事を思い出したり、話の流れを考えたり、楽しく『脳活』をして、マンガを描くことを趣味にしてもらえたら」と加藤さん。

           ◇  ◇

     申し込み、問い合わせは、名古屋市中村区名駅1 名鉄バスターミナルビル10階 毎日文化センター(052・581・1366)。ホームページは、http://maimode.co.jp

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 厚労省 飛び降りなど…インフルエンザの異常行動に注意 
    2. ORICON NEWS 戸田恵子、鶴ひろみさんしのぶ「とにかく悲しい」 “3日前”の約束「いつか守れたら」
    3. 読みトク!経済 サラリーマン1年生・なるほドリーマン君 所得税控除、見直し必要?=回答・中島和哉
    4. 森友 籠池氏、勾留4カ月 保育園などの対応できず焦りも
    5. 森友 「破棄した」答弁の佐川長官 国税内部も批判

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]