くじらカフェ

環境や人に優しく 西淀川・あおぞら財団がオープン 改装長屋で「オーガニック」料理 /大阪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「くじらカフェ」の説明をするあおぞら財団の藤江事務局長=大阪市西淀川区姫里2で、金志尚撮影
「くじらカフェ」の説明をするあおぞら財団の藤江事務局長=大阪市西淀川区姫里2で、金志尚撮影

 大阪市西淀川区の「あおぞら財団」(公益財団法人・公害地域再生センター)が11日、オーガニック素材を使ったメニューを提供する「くじらカフェ」を同区姫里2にオープンする。700人以上が原告に名を連ね、財団発足のきっかけにもなった西淀川公害訴訟で代理人を務めた井上善雄弁護士(大阪弁護士会)が「地域のために使ってほしい」と提供した民家を改装。ゲストハウスも併設し、地域交流の拠点として活用する。【金志尚】

この記事は有料記事です。

残り646文字(全文846文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集