メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近影遠影

本に 高橋一清さん毎日新聞連載 /島根

出版された「近影遠影あの日あの人」を手にする高橋一清さん=松江市で、根岸愛実撮影

 毎日新聞に今年5月まで約2年間、掲載された元文藝春秋の編集者、高橋一清さん(73)の連載「近影遠影 あの日あの人」が単行本になった。全101回の連載に加え、後日談も含まれる。

 高橋さんは「その人の魅力を伝えようと思って近影遠影を書いた。自分の全てを出し切った文章」と話している。

 高橋さんが編集を担当した作家や取材した…

この記事は有料記事です。

残り133文字(全文293文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 暴虐の傷痕 イラク・IS後/2 「子守る」性奴隷耐え
  4. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
  5. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです