メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近影遠影

本に 高橋一清さん毎日新聞連載 /島根

出版された「近影遠影あの日あの人」を手にする高橋一清さん=松江市で、根岸愛実撮影

 毎日新聞に今年5月まで約2年間、掲載された元文藝春秋の編集者、高橋一清さん(73)の連載「近影遠影 あの日あの人」が単行本になった。全101回の連載に加え、後日談も含まれる。

 高橋さんは「その人の魅力を伝えようと思って近影遠影を書いた。自分の全てを出し切った文章」と話している。

 高橋さんが編集を担当した作家や取材した…

この記事は有料記事です。

残り133文字(全文293文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レバノン首都で巨大爆発 「負傷者多数」ロイター報道

  2. 吉村知事「うそみたいな本当の話」 うがい薬の使用呼びかけ、主な一問一答

  3. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

  4. レバノン首都爆発「何らかの爆弾」 トランプ氏、詳細言及せず

  5. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです