メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がんばろう展

九州北部豪雨から2カ月 陶芸家、復興へ一歩 小石原焼・高取焼の4窯元、中央区で10日まで /福岡

「元気にやっていることを伝えたい」と話す太田さん(左から2人目)ら

 九州北部豪雨で大きな被害を受けた東峰村の小石原焼と高取焼の四つの窯元による「東峰村 小石原焼・高取焼がんばろう展」が中央区天神2のギャラリー風で開かれている。豪雨から2カ月を迎え、陶芸家たちは自ら出向いて開いた作品展で復興への一歩を踏み出した。入場無料、10日まで。

 同ギャラリーが復興支援展として、小石原焼のまるた窯の太田剛速(たけとし)さん(48)に声を掛け、有志で開くことになった。出展するのは他に小石原焼のやまさん柳瀬窯、早川窯…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文549文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 保健師団体、感染症法改正に反対声明 「罰則は症状隠す行動につながる」と懸念

  2. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 50代中年ウーバー配達員の奮闘、苦悩 「感謝と複雑な思いと…」

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです