メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民進党

役員人事決定 混乱の中発進 統治能力に疑問

両院議員総会を終え、手を組んで並ぶ民進党の前原誠司代表(中央)、枝野幸男代表代行(左)、大島敦幹事長などの新役員ら=東京都千代田区の民進党本部で2017年9月5日午後5時5分、手塚耕一郎撮影

 民進党は5日の両院議員総会で党役員人事を正式決定し、前原新執行部が始動した。山尾志桜里(しおり)元政調会長の幹事長起用を直前に断念し、大島敦元副総務相に差し替えるなど混乱のなかでのスタートとなった。離党する議員が相次ぎ党の求心力が低下するなか、10月の衆院3補選への対応や次期衆院選に臨む態勢作りなど課題は山積する。前原誠司代表自身が予期した通り、「難しい船出」となった。【野口武則、影山哲也】

 前原氏は5日の党両院議員総会で山尾氏の幹事長起用を断念したことを陳謝したが、経緯などの説明には踏み込まなかった。出席議員は6割弱の82人にとどまり、人事を巡る混乱について異論が噴出することもなく、20分ほどで終了した。

この記事は有料記事です。

残り1532文字(全文1840文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  4. 「世界の人々に感謝」 カナダ在住の被爆者サーロー節子さん、発効目前の核兵器禁止条約に

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです