連載

クローズアップ2017

毎日新聞デジタルの「クローズアップ2017」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

クローズアップ2017

南北関係、緊迫化 韓国、圧迫路線にシフト

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 北朝鮮の核実験を受け、南北対話を模索してきた韓国の文在寅(ムンジェイン)政権が融和から圧迫にシフトする気配を見せている。対話のカードは捨てないまでも、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長を挑発するかのような「斬首作戦」部隊創設まで打ち出した。北朝鮮が態度を硬化させるのは必至で、南北関係がさらに緊迫する可能性がある。

 「北朝鮮核問題を解決できるなら、私はどんなレベルの対話も避けない。しかし今は圧迫すべきで、対話について話す時ではない」 文大統領は5日、タス通信のインタビューで、北朝鮮の6回目の核実験への対応を聞かれ、こう言い切った。4日のトランプ米大統領との電話協議では「対話」の文字はなかった。

この記事は有料記事です。

残り1823文字(全文2126文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集