連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

イルカなぜしゃべれる?=回答・永山悦子

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
人間並みの言語能力を持つシロイルカの「ナック」=千葉県鴨川市の鴨川シーワールドで、村山司・東海大教授提供
人間並みの言語能力を持つシロイルカの「ナック」=千葉県鴨川市の鴨川シーワールドで、村山司・東海大教授提供

脳の大きさ人間並み 物・文字・音を関連づけ

 なるほドリ イルカが、物の呼び方を覚えて、しゃべれるようになったんだってね。

 記者 鴨川(かもがわ)シーワールド(千葉県鴨川市)にいるシロイルカ「ナック」のことですね。ナックに足ひれ(フィン)を表す呼び方(音声)や記号(文字)を教えると、その音声を聞けばフィンを選んだり、フィンを見たらその声で鳴(な)いたりできました。さらに、教えなくても、記号を見せればフィンの呼び方で鳴くことや、その逆のことができるようになりました。全部で四つの名詞(めいし)を覚えたそうです。ナックを長く研究してきた村山司(つかさ)・東海大教授は「言語能力は人間並み」と話します。

この記事は有料記事です。

残り535文字(全文834文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集