特集

公文書・法と制度

毎日新聞デジタルの「公文書・法と制度」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

特集一覧

記者の目

情報公開と市民社会=日下部聡(東京社会部)

  • コメント
  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
動物園で飼育員がトラに襲われて死亡した事故の背景に、十分な安全対策がなされていなかったことがあると指摘する5月31日の保守系大衆紙「デーリー・メール」の調査報道記事。取材班が情報公開請求で入手した、自治体による動物園の監査報告書が記事の核になっている
動物園で飼育員がトラに襲われて死亡した事故の背景に、十分な安全対策がなされていなかったことがあると指摘する5月31日の保守系大衆紙「デーリー・メール」の調査報道記事。取材班が情報公開請求で入手した、自治体による動物園の監査報告書が記事の核になっている

制度を使いこなそう

 森友・加計両学園や自衛隊の国連平和維持活動(PKO)派遣部隊の日報問題は、情報公開制度が機能不全に陥っていることを浮き彫りにした。

 情報公開は日本の将来にとって重要になると考えてきた私は、昨年10月~今年7月、英国のロイター・ジャーナリズム研究所で英国の情報公開とメディアの関係を調査し、貴重な示唆を得た。

 英国は必ずしも情報公開の先進国ではない。情報自由法(情報公開法)が施行されたのは2005年。米国より38年遅く、日本より4年遅い。

この記事は有料記事です。

残り1881文字(全文2110文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

関連記事

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集