メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

対北朝鮮

出稼ぎ労働者制限「不十分」 EU非公式外相会議で協議 ライデン大・ブロイカー教授に聞く

インタビューに応じるブロイカー教授

ポーランドで調査、告発

 欧州連合(EU)は6日から非公式の外相会議を開き、北朝鮮問題を協議する。焦点の一つが北朝鮮の核・ミサイル開発の資金源とみられる北朝鮮の出稼ぎ労働者だ。欧州では唯一の受け入れ国ポーランドでの調査を基に「現代の奴隷制」だと告発した報告書が公表され、人権問題としても関心が高まっている。調査チームを率いたライデン大(オランダ)のレムコ・ブロイカー教授に実態と展望を聞いた。【ライデン(オランダ西部)で八田浩輔】

 報告書は現地調査やポーランドの公的資料などを基に昨夏公表された。それによると、ポーランドは2008…

この記事は有料記事です。

残り582文字(全文846文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  4. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

  5. ヘンリー王子「他に選択肢なかった」 王室決定「大きな悲しみ」公務引退に無念にじませ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです