メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

谷本直也さん=結成30年の太鼓集団「怒」・代表代行

谷本直也(たにもと・なおや)さん(46)

 差別に対する怒りを太鼓の響きに込める。結成から30年。「まだまだ、この町の新たな伝統を作り上げていく途上です」と、9、10両日に大阪人権博物館で開催する記念演奏会にも「Desafio(挑戦)」のタイトルを掲げた。

 地元の大阪市浪速区にある旧西浜地区は、被差別部落が担った皮革業の伝統をもとに発展し、戦後しばらくまで皮革の集散地として全国に知られた。和太鼓作りも盛んだったが、本格的な打ち手は不在だった。貧しい町は、音楽の担い手を生み出せなかった。

 「日本一の太鼓の町になぜ太鼓打ちがいないのか」。地域の文化を地域の手にという機運が熟し、1987年…

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文664文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです