メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地球温暖化

穀物生産鈍化 農研機構が試算、食糧危機の恐れ

 地球温暖化が今のペースのまま進めば、先進国の農業技術を途上国に移転したとしても、世界全体の穀物収穫量は今後伸び悩むとの試算を、農業・食品産業技術総合研究機構(茨城県つくば市)などがまとめた。人口増加に伴う食糧需要の伸びに生産が追いつかず、世界規模の食糧危機を招く恐れがあるとしている。

 一般的に大気中の二酸化炭素(CO2)濃度が増えると植物の光合成が活発になり、穀物の収量は増える。しかし気温が高すぎると、受粉の機能が落ちるなどの影響が予想される。

 温暖化で穀物生産が鈍るとの予測はこれまでもあったが、同機構の飯泉仁之直(としちか)主任研究員らは、…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文653文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界の雑記帳 米女子生徒、祖父の遺灰入りクッキーをクラスメートに配る=警察
  2. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う
  3. 大阪・松井知事 公用車で庁舎周辺巡回、車内で喫煙
  4. ORICON NEWS ゴジラ、NASA研究チームが“星座”に認定 日本の怪獣では初
  5. 渡辺復興相 代表務める自民支部に間接補助金の企業が寄付

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです