メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政活費

橋本・元神戸市議が架空発注疑惑認める

橋本健氏=栗田亨撮影

 神戸市議会自民党市議団の元市議、橋本健氏(37)が政務活動費(政活費)で印刷したとする市政報告が架空発注だったとされる疑惑で、橋本氏が同市議団の聞き取りに対し、疑惑を認める趣旨の説明をしていることが関係者への取材で分かった。6日午後の市議会代表者会議で、同市議団が報告するとみられる。

 疑惑は週刊新潮の報道で浮上し、橋本氏が2010~14年度に政活費を充てた市政報告の製作費計約720万円分が架空発注だった疑いが持たれていた。橋本氏は記者会見で否定する一方、領収書に記載された神戸市の業者が「実際にはデザインを含めて業務をしておらず、橋本氏から請求書と領収書だけ発行してほしいと頼まれた」と反論。橋本氏は8月29日に辞職したが、疑惑は認めていなかった。

 今月4日には、別の神戸市の印刷業者に依頼して虚偽の領収書を発行させ、政活費約194万円を受け取った疑いも新たに発覚。市民団体は橋本氏や業者を詐欺容疑などで刑事告発する準備を進めている。【栗田亨】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 毎日世論調査 内閣支持率36% 前回比5ポイント増
  2. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  3. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  4. 春日部駅 高架化の完成目標、国認可12年後 県が説明会 /埼玉
  5. はやぶさ2 予定通りリュウグウ到着へ 軌道制御に成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]