メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EU外相会議

焦点に「核開発資金源」の出稼ぎ労働者問題

インタビューに応じるライデン大のブロイカー教授=オランダ西部ライデンで2017年8月18日午後0時31分、八田浩輔撮影

6日から北朝鮮問題を協議

 欧州連合(EU)は6日から非公式の外相会議を開き、北朝鮮問題を協議する。焦点の一つが北朝鮮の核・ミサイル開発の資金源とみられる北朝鮮の出稼ぎ労働者だ。欧州では唯一の受け入れ国ポーランドでの調査を基に「現代の奴隷制」だと告発した報告書が公表され、人権問題としても関心が高まっている。調査チームを率いたライデン大(オランダ)のレムコ・ブロイカー教授に実態と展望を聞いた。【ライデン(オランダ西部)で八田浩輔】

 報告書は現地調査やポーランドの公的資料などを基に昨夏公表された。それによると、ポーランドは2008~15年に延べ約2780人の北朝鮮国籍者に労働許可証を発行。北朝鮮と関連の深いポーランドの企業を通じて造船所などに派遣された。ポーランド政府は北朝鮮の核実験などを受けて16年2月以降は新規の査証と労働許可証は発行しない方針を示したが、更新分の実態は不明だ。ブロイカー氏は「状況は大きく変わっていない」…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文843文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里被告に有罪判決、一部無罪 参院選の大規模買収事件 東京地裁

  2. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  3. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  4. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです