メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮核実験

抜け穴が課題 新たな制裁決議目指す日米

アジアやアフリカに密輸ネットワークを広げる北朝鮮

 6回目の核実験を強行した北朝鮮に対し、日米は国連安全保障理事会で石油禁輸を含めた新たな制裁決議の採択を目指している。だが、北朝鮮はアジアやアフリカに密輸ネットワークを広げ、制裁の「抜け道」として利用してきた。制裁実行に非協力的な国も多く、北朝鮮による核・ミサイル開発の命脈を絶つのは簡単ではない。【岩佐淳士、ニューヨーク國枝すみれ】

 国連安保理はこれまで8回にわたり北朝鮮に対する制裁決議を採択し、国際社会の包囲網を狭めてきた。しか…

この記事は有料記事です。

残り840文字(全文1081文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 懲戒処分 職務中に性行為、不倫の警官 県警 /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです