メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
どうすれば安全安心

雷の対処法 電柱の「保護範囲」姿勢低く

イラスト・樫川貴宏

 秋は行楽やスポーツのベストシーズンだ。ピクニックを楽しんだり、あるいは河川敷の運動場でサッカーや野球に興じたりする機会も増えるだろう。高く青い空が広がるイメージだが、実はまだまだ雷の多い時期だ。自分や家族の身を守るため、意外に知られていない対処法を知っておこう。【吉井理記】

あずまやの雨宿り危険/雷鳴中は入浴控えて/兆候あったらまず避難

 雷に詳しく、発生状況を大規模イベントの主催者やゴルフ場運営会社などに提供する気象会社「フランクリン・ジャパン」(相模原市)を訪ねた。社名は避雷針を発明した米国の政治家・物理学者のベンジャミン・フランクリンにちなんだという。同社の代表電話の下4ケタは「5656(ゴロゴロ)」である。

 同社の気象予報士、岸田拓己さんは「雷は5月ごろから増え始め、7~8月にピークを迎えます。ただ、10…

この記事は有料記事です。

残り2003文字(全文2363文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. 大久保製壜所 職場の安全求めスト 3人負傷事故巡り 200人が支援 /東京

  5. 宮下英樹さん、ゆうきまさみさんが北条早雲語る 小田原で9月、五百年忌記念イベント

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです