福岡市の歴史絵本

母親手作り 市も驚く大ヒット作 タッチ優しく重版出来!?

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 福岡市の歴史を伝えようと母親らが手作りした絵本「のったよ!ふくおかタイムスリップ号」が異例の売れ行きとなり、市の担当者らを驚かせている。当初は小学校などへの配布が目的だったが、絵のタッチの優しさなどが評判となり、販売してみると100部以上が売れる大ヒット作になった。販売分は既に完売し、市立図書館で読むことができる。【吉川雄策】

 絵本は、市とまちづくりに取り組む同市のNPO法人「福岡テンジン・ユニバーシティ・ネットワーク」などで作る実行委員会が制作した。同法人のメンバーで3歳の娘を持つ母親が「子どもに福岡の歴史を読み聞かせる絵本はないか」と市に問い合わせたところ、該当する本がなく「自分たちの手で作ろう」と企画。問い合わせた母親もペンをとり文章を担当した。

この記事は有料記事です。

残り522文字(全文853文字)

あわせて読みたい

注目の特集