メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ご当地ナンバープレート

葛飾区が検討開始 /東京

導入を検討する図柄入り「ご当地ナンバー」について説明する青木克徳区長=葛飾区役所で

 自動車のナンバープレートに地域の名所など独自の図柄を入れられるようになったことを受け、葛飾区は「ご当地ナンバープレート」の検討を始めた。導入に賛成か反対かを区民に尋ね、賛成が多ければデザインを考える。実現すれば、2020年度に「葛飾」ナンバーが交付される。

 道路運送車両法の改正により、20年東京五輪・パラリンピックを記念した図柄入りプレートが、10月にも全国で交付される予定で、各自治体も地域振興などを目的にして、独自の図柄入りプレートを作れ…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文559文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  2. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  3. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  4. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  5. 新型肺炎 発症者に中高年多く 持病あると高リスク WHOなど分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです