メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平和祈念像

理念知って 22メートル地蔵菩薩 奉賛会がパンフ かつらぎ /和歌山

巨大な白亜の平和祈念像=和歌山県かつらぎ町丁ノ町のかつらぎ公園で、松野和生撮影

 かつらぎ町丁ノ町のかつらぎ公園にそびえ立つ巨大な白亜の地蔵菩薩(ぼさつ)像「平和祈念像」の由緒や理念について知ってもらおうと、地元の平和祈念像奉賛会(前田佳昭会長)が、紹介パンフレットを作った。

 平和祈念像は鉄骨コンクリート造りで、基礎部分を含め高さ22メートル。県出身の彫刻家・保田龍門がデザインし、1961年に原形が完成した。その後、像の基礎部分を覆う形でお堂の建物も造られ、88年に祈念館…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文497文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

  4. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  5. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「政府の責任だけではない」 危機管理の観点で見た第3波 先崎日大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです