メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平和祈念像

理念知って 22メートル地蔵菩薩 奉賛会がパンフ かつらぎ /和歌山

巨大な白亜の平和祈念像=和歌山県かつらぎ町丁ノ町のかつらぎ公園で、松野和生撮影

 かつらぎ町丁ノ町のかつらぎ公園にそびえ立つ巨大な白亜の地蔵菩薩(ぼさつ)像「平和祈念像」の由緒や理念について知ってもらおうと、地元の平和祈念像奉賛会(前田佳昭会長)が、紹介パンフレットを作った。

 平和祈念像は鉄骨コンクリート造りで、基礎部分を含め高さ22メートル。県出身の彫刻家・保田龍門がデザインし、1961年に原形が完成した。その後、像の基礎部分を覆う形でお堂の建物も造られ、88年に祈念館…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文497文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  3. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  4. 「女帝」石井妙子さんが見た小池都知事の“冷ややかな圧勝”

  5. 大雨で被害相次ぐ 安城や一宮など 15棟床下浸水 /愛知

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです