メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

農の歳時記

「梅干し泥棒許さない」 被害増、夜間パト再開 JA紀南青年部 /和歌山

 田辺市やみなべ町の紀州梅産地で近年、農家が生産した梅干しの盗難事件が頻発している。今年産の梅干し生産がピークを迎えた8月、JA紀南青年部のメンバーが警戒を促す夜間パトロール活動を再開した。

 盗難事件は、昨年1月にみなべ町、9月に田辺市、10、11月にみなべ町で立て続けに発生し、それぞれ200~300タル(1タル10キロ入り)が盗まれ、今年に入っても5月に田辺市で67タルの被害があった。

 県道などの幹線道路に面した倉庫でも、夜間に鍵を壊されて盗まれるなど悪質で、地元の田辺署も啓発チラシ…

この記事は有料記事です。

残り519文字(全文764文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  3. 養護施設元職員、入所の男子中学生にわいせつ行為 児福法違反容疑
  4. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  5. 陸上イージス・アショア問題「泥沼」 防衛省の調査ミス

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです