メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

臨時国会

召集遅れも 北朝鮮対応で流動的に

 自民、公明両党は6日、東京都内で幹事長・国対委員長会談を開いた。臨時国会の召集時期について協議したが、北朝鮮問題への対応に追われる安倍晋三首相の外交日程が見通せず、召集時期の決定を先送りした。当初は25日召集で調整していたが、ずれ込む可能性が出てきた。同日の週の開会を目指し、調整を続ける。

 首相は今月下旬に米ニューヨークで開かれる国連総会に出席する。当初は23日帰国の予定だったため、政府・与党は25日召集で調整していた。

 ところが、北朝鮮のたび重なる弾道ミサイル発射と6回目の核実験強行で政府は各国との連携を迫られており…

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文582文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「吉本社長、田村さん会見したら全員クビと」 宮迫さん明かす
  2. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  3. 宮迫さん、田村さん会見詳報(3)「吉本、好きだった会社なのに変わってしまった」
  4. 小池祐貴9秒98 日本選手3人目9秒台 陸上男子100、ロンドンで
  5. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです