メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボコ・ハラム

犠牲者急増 西アフリカ・4月以降、民間人381人死亡

 【ヨハネスブルク小泉大士】イスラム過激派ボコ・ハラムの攻撃により、西アフリカのナイジェリアとカメルーンで4~8月に少なくとも民間人381人が死亡し、それ以前の5カ月間と比べ2倍以上に増えた。誘拐した少女らに爆発物を装着させ、市場など人出の多い場所で遠隔操作で爆破したり自爆を強制したりする事例が急増しているという。国際人権団体アムネスティ・インターナショナルが5日、明らかにした。

 ナイジェリアでは4月以降少なくとも223人が死亡。未報告の被害もあるとみられ、実際はこれを上回る可…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文547文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです