メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18年度予算

概算要求 政策経費最高77兆円 社会保障費どう抑制

 財務省は6日、各省庁が提出した2018年度予算編成の概算要求の総額を発表した。一般会計の要求総額は、17年度当初予算比3兆5039億円増の100兆9586億円で、4年連続で100兆円を超えた。低金利による国債の利払い費の減少で17年度の要求額(101兆4707億円)は下回ったが、国債費を除く政策経費の総額は77兆1372億円と最高となった。

 省庁別では厚生労働省が最も多く、2・4%増の31兆4298億円。年金や医療など社会保障関連の費用が…

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文513文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 運転の60代女「意識なくなった」 東京・町田で児童ら5人はねられけが
  2. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  3. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  4. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  5. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです