メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日産

リーフ全面改良 EV先導、正念場 欧州、規制強化で次々参入

日産自動車の新型EV「リーフ」=千葉市美浜区で2017年9月6日午前10時51分、宮武祐希撮影

 日産自動車は6日、電気自動車(EV)「リーフ」を全面改良し発表した。国内は10月2日、海外は米国とカナダ、欧州で来年1月にそれぞれ発売する。欧州など各国の環境規制の強化で追い風が吹く中、日産は新型リーフの投入でEV開発競争をリードする考えだが、本格的な普及には課題もある。【和田憲二】

 新型リーフは電池容量を増大。最大の課題だった1回の充電で走れる距離(航続距離)は、従来モデルの1・4倍の400キロに伸びた。千葉市内で開いた発表記者会見で日産の西川広人社長は「実用面の不安を払拭(ふっしょく)できる十分な航続距離を確保した」と胸を張った。

 リーフは2010年12月、ハイブリッド車(HV)やクリーンディーゼル車が次世代環境車の覇権を争う中、後れを取った日産が生き残りをかけて投入。当時は充電インフラも未整備で「日産はどうかしていると言われた」(幹部)が、日米欧などで少しずつ販売台数を伸ばし、現時点では累計28万台と世界で最も売れているEVだ。

この記事は有料記事です。

残り1539文字(全文1963文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 首相答弁、15項目10分 野党不満噴出 参院代表質問

  3. 第75回毎日映画コンクール 大賞「MOTHERマザー」 優秀賞「アンダードッグ」

  4. 余録 退任間近の大統領…

  5. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです