メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

田中和雄さん=絵本「自分におどろく」を出版した

 「82歳、新人です」と照れて言う。絵本や詩集を出版する「童話屋」の代表で、40年間、もう200冊ぐらい他人の本ばかり作ってきた。

 ミリオンセラー「葉っぱのフレディ」もロングセラー「あたらしい憲法のはなし」もこの人が仕掛け人。それが80歳を過ぎて、初めて自分の本を出した。「『あなたの存在は奇跡なんだよ』と子どもたちに伝えたかったんです」

 幼稚園時代、母親に「おまえは生まれる前からウソつきだ」と言われた。男ばかり3人兄弟の三男。母親のおなかの中でよく動く田中さんに「きっとまた男の子ね」と女の子のほしかった両親が中絶を話し合った夜、胎動がぴたりと静まった。母親は「もしや女の子?」と期待し産んでみたが、また男の子だった、と。

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文669文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「第5のがん治療」光免疫療法 世界に先がけ承認 期待と課題は

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. 任命拒否、04年「想定外」 学術会議人事、政府文書に明記

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです