メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教えて!池上さん

旬なトピック ICBMってなに?

イラスト・藤井龍二

 <くらしナビ おとなへステップ>

一度宇宙まで出て落ちてくる長距離ミサイルです

 北(きた)朝(ちょう)鮮(せん)が開発を進めているICBMとは「大陸間弾(だん)道(どう)ミサイル」の英語の頭(かしら)文(も)字(じ)を並べたもの。北朝鮮のあるユーラシア大陸からアメリカ大陸まで飛んでいくという長距離(ちょうきょり)ミサイルです。「アメリカを攻(こう)撃(げき)できるぞ」と脅(おど)すためなのです。

 1945年に第二次世界大戦が終わると、世界はアメリカグループとソ連(ソビエト社会主義共和国連邦。いまのロシアなど)グループに分かれて対立。どちらも核(かく)兵(へい)器(き)を開発しますが、最初はアメリカが広島や長崎に投下したような爆(ばく)弾(だん)でした。

この記事は有料記事です。

残り1238文字(全文1568文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米感染者2500万人超す 死者は41万人超 いずれも世界最多

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. ORICON NEWS 香取慎吾、『おはスタ』5年ぶり出演で笑顔「おーはー」「おっはー」 瑛人の「香水」歌い出す

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. ワクチン接種割り込み、スペイン軍トップが辞任 優先順位に反し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです