音楽教室著作権料訴訟

口頭弁論 JASRAC VS 音楽教室 真っ向対立

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
音楽教室の著作権料徴収を巡る裁判の争点
音楽教室の著作権料徴収を巡る裁判の争点

 音楽教室を運営する約250の企業・団体が、日本音楽著作権協会(JASRAC)を相手取り著作権料の徴収権限がないことの確認を求めた訴訟の第1回口頭弁論が6日、東京地裁(佐藤達文裁判長)であり、双方のトップが法廷で意見陳述した。音楽教室側は「徴収を受けると運営に大きなダメージを受け、音楽を学ぶ機会が減少する」と指摘。JASRACは「収入が1円も創作者に還元されないのはおかしい」と反論し、主張は真っ向から対立した。

 音楽教室事業者でつくる「音楽教育を守る会」会長の三木渡・ヤマハ音楽振興会常務理事は法廷で「学校での音楽教育が縮小される中、日本の音楽文化形成に我々の音楽教育が大きく寄与している」と強調。著作権料徴収により音楽教室が減少すると教師や演奏家が育たないとし、「結果的に優秀な楽曲の伝承を損ない、著作権者が得られる収入にも悪影響を及ぼす」と主張した。同会は、教室利用者などから約56万人分の徴収反対署名を集…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文737文字)

あわせて読みたい

ニュース特集