メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最後の戦国武将、小倉藩主・小笠原忠真展 北九州市立いのちのたび博物館

 初代小倉藩主の小笠原忠真(ただざね)(1596~1667)にスポットを当てた特別展「最後の戦国武将 小倉藩主 小笠原忠真展~家康に『鬼孫(きそん)』と呼ばれた男~」を北九州市立いのちのたび博物館で開催します。戦国最後の決戦・大坂夏の陣で奮戦し曽祖父の徳川家康から「鬼孫」と呼ばれ、現在の北九州・小倉の基礎を築いたにもかかわらず、忠真の事績はあまり知られていません。没後350年を迎え、幕府の「九州御目付」としての活躍を示す各種資料やゆかりの品々約140点を展示。最新の研究成果をもとに忠真の実像をひもときます。

     <会期>10月7日(土)~12月3日(日)。会期中無休。

     <会場>北九州市立いのちのたび博物館(八幡東区東田2の4の1、093・681・1011)

     <観覧料>大人500円、高大生300円、小中生200円。

     主催 北九州市立いのちのたび博物館、毎日新聞社

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 高速バス 東北道で運転手が意識失い急死 乗客が止める 
    2. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
    3. スペースワールド 実物大スペースシャトル、10億円 北九州のテーマパーク、資金提供者へ引き渡し
    4. 恐喝未遂容疑 仁科亜季子さんに現金要求 男3人逮捕
    5. フィギュア 羽生「12って何だろう」 会見一問一答

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]