メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎原爆

「浦上第一病院」遺構か 県道工事中に赤レンガ

見つかった浦上第一病院の一部とみられる遺構について、報道陣に説明する下川達弥・活水女子大教授=長崎市小峰町で2017年9月5日、浅野翔太郎撮影

 長崎原爆の爆心地から約1.4キロにあり、投下直後に負傷者の治療拠点となった「浦上第一病院」の遺構とみられる赤レンガが、長崎市小峰町の聖フランシスコ病院の敷地で見つかった。浦上第一病院では、戦後の被爆者医療と平和運動に尽力した故・秋月辰一郎医師が中心となって負傷者の救護にあたった。長崎市は今後、保存の必要性を見極めるため、調査を進める。【浅野翔太郎】

 長崎市被爆継承課によると、現場では、県長崎振興局が聖フランシスコ病院の敷地を一部削る形で、隣接する…

この記事は有料記事です。

残り465文字(全文691文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本テレビ「ZIP!」で誤って「栃木県警本部長 窃盗で逮捕」とテロップ

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです