メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海賊版誘導サイト捜索 大阪府警など

 インターネット上で漫画や書籍を無断で公開する海賊版サイトに利用者を誘導する「リーチサイト」を巡り、大阪府警や福岡県警などの合同捜査本部が7月、国内最大規模とされるサイトの運営者の関係先を著作権法違反の疑いで家宅捜索していたことが7日、捜査関係者への取材で分かった。

     捜査関係者によると、家宅捜索を受けたのは、リーチサイト「はるか夢の址(あと)」(閉鎖)を運営していたとされる「紅籍会」と称するグループの関係先。海賊版サイトの運営にも関わり、人気漫画を無断で公開して著作権を侵害するなどした疑いが持たれている。

     リーチサイトは海賊版サイトのリンク(URL)を集めて掲載するサイト。URLをクリックすることで、別のサイトで違法に公開された作品にアクセスできる。作品を直接掲載していないため同法違反にあたるかの判断が難しく、これまでリーチサイトの摘発はないとみられる。捜査本部はグループの関係者を任意で事情聴取し、押収したパソコンなどを分析して立件の可否を検討する。

     出版各社は著作権侵害を助長しているとして対策を求め、政府は法規制を含めた対策強化を検討している。【宮嶋梓帆】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 公明 「裏切られた」小池氏の新党代表就任に反発
    2. 大阪府警 20代の女性職員、キャバクラで勤務 処分検討
    3. 特集ワイド 「大義なき衆院解散」で失われるもの 議会制民主主義、本旨どこへ
    4. 北朝鮮 「むかっとしてミサイル」 元料理人に正恩氏発言
    5. 小池新党 「集まってきた人、選挙に勝ちたいだけ」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]