メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スナック

研究者が学術的な本まとめる 最多は福岡・博多

スナックなど飲食店の看板が並ぶ中洲の通り=福岡市博多区で2017年8月25日、津村豊和撮影

 法哲学者の谷口功一・首都大東京教授(44)を代表とする「スナック研究会」が、全国津々浦々にあるスナックを学術的に研究して本にまとめた。市区町村別のスナック軒数は九州最大の歓楽街・中洲を抱える福岡市博多区が全国最多で、札幌市中央区、広島市中区と続いた。

 谷口教授は大分県別府市出身。温泉街の別府にはスナックが数多くあり、父が地域の会合でよく出かけるスナックに子供のころから興味があった。30歳ぐらいになると自分でも通うようになったが、スナックについて書かれた本は少なく、7年ほど前に個人でスナック営業の法的規制やスナック誕生の経緯などを調べ始めた。2015年に知り合いの学者9人で研究会を作り、サントリー文化財団(大阪市)の助成を受けて研究を進めてきた。

 研究をまとめ、今年6月に白水社から出版した「日本の夜の公共圏 スナック研究序説」(220ページ、2…

この記事は有料記事です。

残り1058文字(全文1435文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです