アルバム

コントラバス 多彩な音色「可能性は無限」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

埼玉・入間のBASSE PLANTEさん初リリース

 埼玉県入間市のコントラバス奏者、BASSE PLANTE(ベースプラント)さん(35)が先月下旬、初のアルバム「ONE」をリリースした。奏でるのはコントラバス1台のみ。リアルタイムで録音・再生できる機材「ループ・ステーション」を駆使してリズムやメロディーを重ねて曲を作り上げる。「コントラバスという楽器の幅広さ、多彩さを伝えたい」と意気込む。

 狭山ケ丘高で吹奏楽を始め、桐朋学園大でコントラバスを中心にクラシック音楽を学んだ。「もともとジャズなどのブラックミュージックが大好きで、コントラバスでも何かできないかと可能性を探していた」という。もう一人の奏者とコントラバスのデュオに挑戦したこともあった。

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文685文字)

あわせて読みたい

注目の特集