メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仮想通貨

ビットコイン相場急落 中国が資金調達禁止

ビットコイン相場の推移

 【北京・赤間清広】中国当局が4日に仮想通貨による資金調達の禁止を発表したことを受けて、ビットコイン相場が急落するなど、仮想通貨市場が動揺している。中国は個人や企業の仮想通貨への投機熱が高く、相場に及ぼす影響が大きいため、投資家らは当局の動きに警戒感を高めている。

 「仮想通貨による融資は経済・金融の秩序を著しく乱す違法活動の疑いがある」。中国人民銀行(中央銀行)など中国の金融や産業、インターネットなどの監督当局は4日、連名で「ICO(イニシャル・コイン・オファリング)」と呼ばれる手法を使った資金調達を同日付で禁止すると発表した。

 ICOは、企業がインターネット上の仮想通貨を発行することで投資家から資金を調達する仕組み。今年上半期の中国のICO調達額は26億元(約430億円)に上るという。中国では、資金調達のための株式公開に当局の厳しい規制がかけられているが、ICOはネットを通じて取引ができ、規制の対象からも外れるため、容易な資金調達方法として注目を集めていた。

この記事は有料記事です。

残り498文字(全文934文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  2. 分かれても「民主党」 立憲、国民、衆院比例代表で同じ略称 票は「案分」へ

  3. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  4. チームの浮沈で学んだ「一喜一憂しても仕方ない」 ヤマハの窮地救った31歳 都市対抗東海2次

  5. 神戸市立小学校でクラスターか 児童と教員ら計27人が感染 25日まで臨時休校

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです