申告漏れ

「丸商物産」が1億円 名古屋国税局から指摘

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 総合リース業「丸商物産」(愛知県日進市)が名古屋国税局の税務調査を受け、2015年12月期までの2年間で約1億円の申告漏れを指摘されていたことが分かった。国税局は、元従業員への土地売却と貸付金の処理について利益を調整する所得隠しと認定した模様で、追徴税額は重加算税を含め約3500万円とみられる。同社は修正申告した。

 関係者によると、同社は15年12月、バブル期の1989年以降に計約8500万円で購入した愛知県豊田市の山林約1万平方メートルを元従業員の男性に約1500万円で売却し、地価下落に伴う売却損として約7000万円を特別損失に計上した。

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文592文字)

あわせて読みたい

注目の特集