メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

味覚の秋を楽しむ レンコンとサケのはさみ揚げ

レンコンとサケのはさみ揚げ

 軟らかくて淡泊な新レンコンですが、揚げると独特なうまみが引き立ちます。

     サケとの意外な組み合わせも相性良し。色はつけず、さっと揚げるのがおいしさのコツです。ビールをお供に、味覚の秋の始まりを楽しみましょう。

     <主な材料>(2人分)新レンコン200グラム▽サケ(甘塩)100グラム▽インゲン4本▽レモン1/3個▽A(小麦粉・水各1/2カップ、かたくり粉大さじ1)▽揚げ油適量

    <作り方>

    (1)レンコンは皮をむいて5ミリ厚さの輪切りにする。さっと洗い、水気をふく。インゲンは半分に切る。

    (2)サケは腹骨をすき取り、皮を残すようにそぎ切りにする。

    (3)レンコンを2枚1組(同じ大きさ)にして(2)をはさむ。

    (4)ボウルにAを合わせて衣を作る。揚げ油を170度くらいに熱し、(3)を衣につけながら入れ、色づかない程度に3分ほど揚げる。インゲンも衣につけてカラリと揚げる。レモンを添える。

    [1人前418キロカロリー、塩分0.2グラム]


    ■レシピ提供

    田口成子(たぐち・せいこ)料理研究家。料理学校の講師を経て独立。「おいしい」はもちろん「体調を整える」ための家庭料理を提案する。テレビや雑誌などで広く活躍するほか、日本の魚食文化を残すべく、「おさかなマイスター」としても活動する。著書も多く、近著に「世界一わかりやすい!料理の基本」(主婦の友社)、「野菜で整える いちばんやさしい腸がきれいになる食べ方」(家の光協会)など。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 安室さん引退へ 小室哲哉さん「寂しさ感じるのは初めて」
    2. 世界アルツハイマーデー 大阪城や京都タワーがオレンジ色
    3. 厚労省 医師と歯科医師の計21人 医業停止処分を発表
    4. 坂村健の目 被ばく影響、科学界の結論
    5. 安室奈美恵さん 来年引退へ コメント全文

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]