メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲秋場所

3横綱休場 ファン、肩すかし 前売り完売なのに

 10日に東京・両国国技館で初日を迎える大相撲秋場所は8日、先場所で39回目の優勝と通算勝利1050勝の歴代最多記録を更新した白鵬と稀勢の里、鶴竜の3横綱が初日から休場することになった。3横綱の初日からの休場は昭和以降で初めて。8月に売り出された前売りチケットは即日完売する相撲人気の中、ファンは「肩すかし」にあった形だ。【飯山太郎、上鵜瀬浄、島田信幸】

 白鵬の師匠の宮城野親方(元前頭・竹葉山)は8日、東京都墨田区の宮城野部屋で取材に応じ「左膝の内側を痛めていたが、本人は出場したく連日、体を動かしていた。だが、間に合わなかった」と休場の理由を説明した。3横綱不在の事態になったが「無理して変な相撲を取っても迷惑がかかる。仕方ない」。出るからには優勝を目指さなければいけない横綱特有の責任感も休場を決断した一因だったことを明かした。

この記事は有料記事です。

残り951文字(全文1318文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 広報動画は賛成誘導 担当局の課長発言

  2. 被害者に落ち度はない 性暴力撲滅のための教育を

  3. メルケルの歩み サウナバッグを手に「壁」越えた日 物静かな優等生35歳の転身

  4. 工事現場の足場から金属製パイプ落下 通行人2人が重軽傷 神戸

  5. 立憲、2人の重鎮に注目 小沢氏「思い切った政策を」 中村氏「野党連携に注力」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです