特殊詐欺

被害防止に威力 「迷惑電話チェッカー」で通話ブロック 県警1000世帯に配布 /千葉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
迷惑電話番号リストからの着信に反応して赤く光る迷惑電話チェッカー(右)=千葉市中央区の県警本部で
迷惑電話番号リストからの着信に反応して赤く光る迷惑電話チェッカー(右)=千葉市中央区の県警本部で

 特殊詐欺の被害を防ごうと、電話に接続する専用機器「迷惑電話チェッカー」が威力を発揮している。チェッカーには投資や勧誘などの迷惑電話の番号と、特殊詐欺に利用されているとみられる番号計2万5000件以上が登録。県警が2013年から高齢者を中心に1000世帯に配布した結果、配布先の被害件数はゼロだった。

 迷惑電話番号のリストを提供するトビラシステム…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文433文字)

あわせて読みたい

注目の特集