メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・アートを歩く

芸術さんぽ 日本民藝館(東京都目黒区) /東京

和洋の意匠が混在した玄関ホールの階段と吹き抜け。柳宗悦が自ら設計した=東京都目黒区で

実用の美しさを発信

 無名の職人たちが使い手のために無心で作った民衆的工芸品(民芸)に美しさを見いだし、「民芸」という新しい美の概念を提唱した思想家、柳宗悦(1889~1961年)。「日本民藝館」は、文芸雑誌「白樺(しらかば)」の創刊にも参加し、宗教哲学や西洋近代美術にも深い関心を持っていた柳らが中心となり、「民芸」の普及拠点として36年に開設した。

 玄関の引き戸を手で開けて入館する。展示ケースの丸みを帯びた木枠や、葛(くず)の繊維を紡いだ糸で織っ…

この記事は有料記事です。

残り539文字(全文764文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 堀江「相手が強くてかなわなかった」 ラグビーW杯 日本4強ならず

  4. 「日本はこれから強くなる」リーチ主将 ラグビーW杯 日本4強ならず

  5. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです