メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・アートを歩く

芸術さんぽ 日本民藝館(東京都目黒区) /東京

和洋の意匠が混在した玄関ホールの階段と吹き抜け。柳宗悦が自ら設計した=東京都目黒区で

実用の美しさを発信

 無名の職人たちが使い手のために無心で作った民衆的工芸品(民芸)に美しさを見いだし、「民芸」という新しい美の概念を提唱した思想家、柳宗悦(1889~1961年)。「日本民藝館」は、文芸雑誌「白樺(しらかば)」の創刊にも参加し、宗教哲学や西洋近代美術にも深い関心を持っていた柳らが中心となり、「民芸」の普及拠点として36年に開設した。

 玄関の引き戸を手で開けて入館する。展示ケースの丸みを帯びた木枠や、葛(くず)の繊維を紡いだ糸で織っ…

この記事は有料記事です。

残り539文字(全文764文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです