メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メトロ劇場

前館主・根岸義明さんをしのぶ 父の軌跡「俺が継ぐ」 長男・輝尚さん「思い出話、弾む場に」 /福井

映画への思いを語る生前の根岸義明さん=2011年12月1日、山衛守剛撮影

 福井市の繁華街・片町にある映画館「メトロ劇場」で、昨年9月24日に68歳で急逝した前館主、根岸義明さんをしのぶ企画展と映画上映が、今月23日から始まる。10月6日まで。企画した現館主で根岸さんの長男、輝尚(てるひさ)さん(41)は「父の思い出を持ち寄って話が弾む場にしたい」と話す。【立野将弘】

 メトロ劇場は1953年4月にオープンした老舗の単館系映画館で、1スクリーン117席のみ。来場者アンケートを参考に上映作品を決めるスタイルで、世界の名作を上映し、ファンに愛され続けている。

 3代目館主だった義明さんは、上映作品を探すため、年間200本以上の映画を見る生粋の愛好家。政治、文化、環境などにも造詣が深い名物館主だった。

この記事は有料記事です。

残り857文字(全文1170文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. 慶応大病院で初期研修医18人集団感染 40人で飲食

  4. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです