メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ショートメール

ネットワーク /静岡

 毎日新聞静岡支局で先週、県内出身の大学3年生3人がインターンシップをした。前々週は法律家の卵である司法修習生2人が、実務修習の一環で訪れていたから、2週続けて職場体験をお手伝いしたことになる。

 そんなさなか、津富宏・県立大国際関係学部教授の講演を聞く機会があった。

 津富さんはNPO法人「青少年就労支援ネットワーク静岡」の理事長を務め、社会になじめず働きたくても働けない若者に寄り添い、働き続けられるように支援している。約800人がボランティア登録していて年間数百人を支援。7~8割が働けない状態を脱することができ…

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文647文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  2. どうすれば安全安心 「多発性骨髄腫」ネットで解説

  3. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  4. 菅氏「高級ホテル50カ所」構想に批判噴出 「なぜ国費」「被災地支援が先」

  5. 池江選手「19歳になりました!」 誕生日にメッセージと写真掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです