パナソニック

工場閉鎖 60年超、歴史に幕 旧三洋拠点、敷地の活用検討 大津 /滋賀

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
閉鎖が決まったパナソニック滋賀工場=滋賀県大津市瀬田1で、森野俊撮影
閉鎖が決まったパナソニック滋賀工場=滋賀県大津市瀬田1で、森野俊撮影

 太陽電池を製造しているパナソニック滋賀工場(大津市瀬田1)の閉鎖が7日に突如、発表された。同社は県と大津市の幹部に意向を伝え、県庁では報道陣に説明して「地域には大変申し訳なく思う。雇用確保を前提に労使協議を進める」と述べた。地元には、地域経済へ与える影響に懸念も広がった。

 同工場は1950年9月に三洋電機の工場として設立。洗濯機など家電製造の拠点として80年代には1300人程度の従業員がいた。2008年に太陽電池モジュールの生産を開始。11年には三洋がパナソニックの完全子会社化した。来年3月で生産をストップする。現在の直接雇用の従業員は6…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文683文字)

あわせて読みたい

注目の特集