メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

島らっきょう

農家応援 荒土に強く短期で収穫 地元出身・石橋さん支援 朝倉 /福岡

伯母夫婦の畑で、試しに植えた島らっきょうの育ち具合を確かめる石橋さん。間もなく本格的に植え付けを始める

 再び笑い声が響く畑に--。九州北部豪雨で被害を受けた朝倉市内の畑で、荒れた土壌にも強い「島らっきょう」を育て、農家の再起を応援する取り組みが始まった。近くボランティアが植え付けを予定している。

 呼びかけたのは、朝倉市出身の石橋浩二さん(48)。大分県臼杵市で3月まで地域おこし協力隊を務めた後、農業や地域づくりをサポートする会社を6月に設立して間もなく、古里を豪雨が襲った。

 朝倉市に戻り、80代の伯母夫婦宅を訪ねると、毎年丹念に土壌を整えてタマネギを育てる畑の上を、付近の川から流れ込んだ泥土が覆っていた。被害程度によって国や自治体の補助事業を使って復旧はできるが、土壌の回復は何年もかかり、高齢の農家にはハードルが高い。「復興する前に死ぬけん、もう苦労せんでいい」。伯母夫婦の言葉に石橋さんはショックを受けた。

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文757文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆうちょ銀の海外送金に資金洗浄疑い 国際調査報道で判明 外国人の口座開設容易

  2. ピンチ救った8球 巨人・鍵谷の切れるスライダー、1死満塁しのぐ

  3. 検証プラス・新型コロナ 街の味なぜ消えた 倒産500件 中小企業に打撃

  4. 金正男氏殺害で一時拘束された北朝鮮男性の特異な素顔 米司法省訴追で浮かぶ軌跡

  5. ORICON NEWS 新しい地図、斎藤洋介さん追悼 香取「スマスマのコントでは一緒に笑い、沢山助けて頂きました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです