メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

島らっきょう

農家応援 荒土に強く短期で収穫 地元出身・石橋さん支援 朝倉 /福岡

伯母夫婦の畑で、試しに植えた島らっきょうの育ち具合を確かめる石橋さん。間もなく本格的に植え付けを始める

 再び笑い声が響く畑に--。九州北部豪雨で被害を受けた朝倉市内の畑で、荒れた土壌にも強い「島らっきょう」を育て、農家の再起を応援する取り組みが始まった。近くボランティアが植え付けを予定している。

 呼びかけたのは、朝倉市出身の石橋浩二さん(48)。大分県臼杵市で3月まで地域おこし協力隊を務めた後、農業や地域づくりをサポートする会社を6月に設立して間もなく、古里を豪雨が襲った。

 朝倉市に戻り、80代の伯母夫婦宅を訪ねると、毎年丹念に土壌を整えてタマネギを育てる畑の上を、付近の…

この記事は有料記事です。

残り519文字(全文757文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  4. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  5. 福島処理水問題 安全基準の「ずれ」埋めよ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです