特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

記者の目

夏の甲子園 公立校の奮闘=潟見雄大(高松支局)

  • コメント
  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
彦根東高、甲子園初戦の対波佐見戦。九回裏2死一、二塁、サヨナラ右前打を放った岩本道徳選手(中央)を迎える選手たち=阪神甲子園球場で8月8日、藤井達也撮影
彦根東高、甲子園初戦の対波佐見戦。九回裏2死一、二塁、サヨナラ右前打を放った岩本道徳選手(中央)を迎える選手たち=阪神甲子園球場で8月8日、藤井達也撮影

 ◆潟見雄大(かたみ・ゆうだい)

工夫と努力は報われる

 夏の甲子園に出場する公立校は今年、史上最少の8校に減った。現在の49代表が定着した60回大会(1978年)では29校と6割近かったが、2割を大きく割り込んだ。高いレベルでしのぎを削る強豪私立校の野球も大きな魅力だが、公立校など強豪私立とは違う高校の奮闘は全国の球児や地元を元気づける高校野球の醍醐味(だいごみ)の一つだろう。私は今大会、彦根東(滋賀)、三本松(香川)、鳴門渦潮(徳島)のいずれも公立の3校の取材を担当。私自身、彦根東を4年前に卒業した野球部OBでもある。公立校の野球には思い入れがあり、奮起を望みたい。

この記事は有料記事です。

残り1761文字(全文2047文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集