メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

独総選挙

24日投開票 メルケル氏、信任焦点 「抗議票」新興右派へ

 ドイツ連邦議会総選挙(基本定数598)が24日、投開票される。3期12年の実績を掲げ、安定した戦いを進めるメルケル首相が、戦後最長タイとなる在任16年に道を開くかが焦点だ。反イスラム政党が欧州連合(EU)各国で伸長する中、新興右派政党「ドイツのための選択肢」(AfD)が国政初進出するかも注目される。

 最新の世論調査では、メルケル氏の指導力と好調な経済分野での実績を訴える国政会派キリスト教民主・社会…

この記事は有料記事です。

残り3073文字(全文3274文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪ミナミ アメ村 防犯カメラ全81台、苦渋の撤去へ
  2. 米山知事 進退判断の経緯判明 支援政党離れ「辞めます」
  3. 暴行容疑 演説中の市議殴打、大学生逮捕 愛知・豊橋
  4. 福井豪雪 セブン50時間休めず 経営夫婦、本部に要請認められず
  5. シバザクラ 鮮やか、春色じゅうたん 高松で見ごろ /香川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]