メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

独総選挙

24日投開票 メルケル氏、信任焦点 「抗議票」新興右派へ

 ドイツ連邦議会総選挙(基本定数598)が24日、投開票される。3期12年の実績を掲げ、安定した戦いを進めるメルケル首相が、戦後最長タイとなる在任16年に道を開くかが焦点だ。反イスラム政党が欧州連合(EU)各国で伸長する中、新興右派政党「ドイツのための選択肢」(AfD)が国政初進出するかも注目される。

 最新の世論調査では、メルケル氏の指導力と好調な経済分野での実績を訴える国政会派キリスト教民主・社会…

この記事は有料記事です。

残り3073文字(全文3274文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  3. 「戦争の世紀」研究 現代史と国際政治の視点から/25 ノモンハン事件 転機はらんだ限定戦
  4. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  5. 障害者雇用 「なめられた」 国の不正に怒りやあきれ声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです