メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たわわに実るレモン=広島県提供

 秋から冬に向かう季節、かんきつ類が次々に旬を迎える。2000年をピークに、かんきつ類全体の収穫量は減っているが、その中で急速に伸びているのが「レモン」だ。生産量トップの広島県では、露地もののグリーンレモンがそろそろ収穫の時期を迎える。

 ●需要高まる国産

 ここ数年、レモンは一種のブームといえる。14年ごろ、レモンを塩に漬けて発酵させる「塩レモン」が紹介され、万能調味料として食卓に取り入れられるようになった。以来、レモンを使ったスイーツやスナックが人気で、最近では「レモンサワー」も注目の的だ。

 「市販の缶酎ハイで、レモンはもともと人気だったのが、ここ2~3年で味のバリエーションがぐんと増えた。同じく居酒屋も、こぞって店オリジナルのレモンサワーをウリにするようになりました」と酒文化研究所の山田聡昭さんは解説する。

この記事は有料記事です。

残り1354文字(全文1713文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 紅白、星野源さんら5組は生でなく事前収録 NHK「演出上の都合」

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです