メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たわわに実るレモン=広島県提供

 秋から冬に向かう季節、かんきつ類が次々に旬を迎える。2000年をピークに、かんきつ類全体の収穫量は減っているが、その中で急速に伸びているのが「レモン」だ。生産量トップの広島県では、露地もののグリーンレモンがそろそろ収穫の時期を迎える。

 ●需要高まる国産

 ここ数年、レモンは一種のブームといえる。14年ごろ、レモンを塩に漬けて発酵させる「塩レモン」が紹介され、万能調味料として食卓に取り入れられるようになった。以来、レモンを使ったスイーツやスナックが人気で、最近では「レモンサワー」も注目の的だ。

 「市販の缶酎ハイで、レモンはもともと人気だったのが、ここ2~3年で味のバリエーションがぐんと増えた…

この記事は有料記事です。

残り1415文字(全文1713文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  2. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  3. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  4. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  5. 商店街にネコ、猫…新潟で86年ぶり仮装行列

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです