メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

白いサル

体色のメカニズムを一部解明 山形大

吾妻連峰に生息する白いニホンザル=山形県提供

 山形県と福島県にまたがる吾妻連峰に生息する体色が白いニホンザルについて、山形大の研究グループが7日、体色のメカニズムを一部解明したと発表した。

     2年前に保護された雌の「チッチ」(8歳)の体毛などを調べた。メラニン色素が少なく白色だが、遺伝的特徴は他のサルと全く同じ。突然変異で色素がないアルビノではないという。

     白いサルを観察する市民団体「白猿会」会長の縮(ちぢみ)文夫さん(79)によると、白いサルは米沢市内で確認できる二つの群れに計4匹いる。仲良く群れに溶け込んでいるという。【二村祐士朗】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ベルギー 工場火災でワッフル焼ける 首都ににおい充満
    2. おんなのしんぶん・TOKIO城島 出会いに感謝 男たちの真剣勝負
    3. 詐欺容疑 カツ丼平らげ「無銭飲食しました」自ら110番
    4. 外国船漂着 「北朝鮮から来た」秋田・由利本荘で8人保護
    5. 漫画で解説 PTA役員は罰ゲーム!?の巻

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]