メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸・橋本元市議

新たに政活費不正疑惑 市政報告印刷で

橋本健氏=栗田亨撮影

 神戸市議会自民党市議団の元市議、橋本健氏(37)による政務活動費の不正受給問題で、橋本氏が2010~12年、市政報告の印刷で新たに政活費100万円以上を不正取得した疑いがあることが7日、印刷業者への取材で分かった。

     証言したのは、14年5月に橋本氏の依頼で虚偽の領収書を発行した神戸市内の印刷業者。橋本氏はこの領収書で政活費約194万円を不正受給したことを認めている。

     業者によると、10年~12年春ごろ、橋本氏の依頼で毎年、市政報告8万部の納品書と、約200万円の領収書を発行。橋本氏に3年間で政活費計約600万円が支給された。しかし、実際の印刷部数は年5万~6万部で、余った計100万円以上の金の一部で政活費の対象外の名刺を印刷したという。男性社長は取材に「不正だという認識は当時はなかった」と釈明した。

     市民オンブズマン兵庫(神戸市)は7日、橋本氏や印刷業者について、計約900万円の政活費をだまし取った詐欺容疑での立件を求める告発状を神戸地検に提出した。新たに発覚した分は、追加を検討する。市議会も近く刑事告発する。【黒川優、藤田愛夏】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 山口メンバー 「世の中騒がせた」涙で謝罪 無期限謹慎
    2. 千葉市教委 「日焼け止め使用許可を」全中学に通知へ
    3. ORICON NEWS 国分太一、山口達也の“アルコール治療”明かす「断絶したい気持ちもあったと思う」
    4. 大川小津波訴訟 2審の仙台高裁も石巻市と県に賠償命令
    5. 山口メンバー 無期限謹慎処分に 所属事務所が決定

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]