遺骨

落とし物203件 8割持ち主現れず 14~16年

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 人の遺骨が2016年までの3年間で、落とし物として全国の警察に計203件届けられ、8割以上は落とし主が見つかっていないことが毎日新聞の調査で分かった。引き取り手のない遺骨は、警察から依頼された寺院などで無縁仏として供養されている。警察当局は、遺骨処理に困って家族らが捨てたケースが大半だとみている。

 調査は全国の警察本部を対象に実施。14~16年に遺骨の拾得届を受理した件数などを尋ね、47都道府県警から回答を得た。

 昨年は72件の届けがあり、15年は68件、14年が63件だった。全体の82%にあたる166件は落とし主が見つからなかった。最多は大阪で36件。愛知(29件)▽北海道(15件)▽福岡(14件)▽警視庁(13件)--と続いた。寺院や墓地で拾われたケースが多いが、駅のコインロッカーや図書館に放置されたものもあった。名乗り出た落とし主らに返還されたのは37件だった。

この記事は有料記事です。

残り683文字(全文1073文字)

あわせて読みたい

注目の特集