メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本赤十字社

県支部の若手ボランティアら現地調査 観光地金沢、AEDマップ作成へ 「見える化」で命救う /石川

 日本赤十字社石川県支部(金沢市鞍月東2)の若手ボランティアらが、観光地・金沢のAED(自動体外式除細動器)の設置場所が一目で分かるマップを作成しようと、フィールドワークに乗り出す。同支部によると、全国の赤十字社支部や自治体などが同様のマップを作っているが、実際に現地調査を行うケースは珍しいという。「救急の日」の9日がフィールドワーク初日で、学生など10~30代のボランティアと同支部職員の計14人が金沢駅周辺を調査する。【石川将来】

 北陸新幹線開通などで金沢市への訪問者数が伸びる中、旅先で体調を崩す観光客に備えると共に、多くの人に…

この記事は有料記事です。

残り474文字(全文742文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. エンタメノート 新iPhone「5G待ち」する? AppleTV+にも注目

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  4. ラグビーW杯、「旭日旗」騒動なしのなぜ?

  5. 政宗の隠し子宛て書状か 佐沼亘理家の初代当主へ 宮城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです