メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インターンシップ

母国の海を守りたい 三重大大学院留学生 ブロウ・ブタイエリさん 鳥羽 /三重

 南太平洋の島国のフィジーから三重大大学院生物資源学研究科に留学中の女子学生、ブロウ・ブタイエリさん(25)が、鳥羽市でエコツアーを企画運営する「海島遊民くらぶ」でガイド術や水産増殖などのインターンシップに励んでいる。大学院修了後、帰国するか滞在を延長するか決めかねているが、「学んだことをいつかは、母国の役にたてたい」と意気込んでいる。

 フィジーの首都・スバで生まれ育ったブロウさんは、地元の大学を卒業後、仕事をしながら大学院で2年間、…

この記事は有料記事です。

残り430文字(全文649文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 報徳学園が8強一番乗り 愛工大名電降す
  2. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  3. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  4. 日大チアパワハラ 「学校の恥」「ずる賢いばか」暴言次々
  5. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです