メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インターンシップ

母国の海を守りたい 三重大大学院留学生 ブロウ・ブタイエリさん 鳥羽 /三重

 南太平洋の島国のフィジーから三重大大学院生物資源学研究科に留学中の女子学生、ブロウ・ブタイエリさん(25)が、鳥羽市でエコツアーを企画運営する「海島遊民くらぶ」でガイド術や水産増殖などのインターンシップに励んでいる。大学院修了後、帰国するか滞在を延長するか決めかねているが、「学んだことをいつかは、母国の役にたてたい」と意気込んでいる。

 フィジーの首都・スバで生まれ育ったブロウさんは、地元の大学を卒業後、仕事をしながら大学院で2年間、…

この記事は有料記事です。

残り430文字(全文649文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交通安全標語 津軽弁「難しすぎる」ツイッターで話題に
  2. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念
  3. アメフット 関学監督と選手父コメント 日大選手会見受け
  4. アメフット 「相手のQBをつぶせ」前監督らが指示
  5. アメフット 会見詳報(2) 監督から「やらなきゃ意味ないよ」と言われた

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]