メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防災士

平常時は啓発、災害時は避難の要に 県が後押し 無料養成講座から1500人超登録 /奈良

災害へのの備えの大切さを訴える大北容子さん=奈良県川上村で、新宮達撮影

 災害に関する専門知識を生かして地域防災の中心的な役割を担う「防災士」の取得・登録を県が後押しし、一定の成果を挙げている。2006年度から受講無料の養成講座を毎年開き、これまでに資格取得者全体の6割超の登録に結び付いた。取得者の居住地域や性別、世代に偏りがあるといった課題も残るが、県の担当者は「一人でも多くの防災意識が高まって取得につながるよう今後も取り組む」と話している。【新宮達】

 防災士は、阪神大震災を教訓に地域のリーダーを育てようと、NPO法人・日本防災士機構(東京都)が03…

この記事は有料記事です。

残り1226文字(全文1469文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです